モテる男になるための【ファッション&仕事術】

モテる男になるためのコーディネートや仕事術、心理学などをお伝えします。

相談による心理効果で人間関係を良好にする方法!!

スポンサーリンク

 

こんにちは!

現役店長のリュウです!

 

仕事でもプライベートでも人間関係で悩まれている方は多いですよね。

「仲良くなりたい人がいるけど、どうすればいいのか分からない」

「知り合ってから期間は経つが、中々距離が縮まらない」

など...

今回はこのような悩みをお持ちの方へお伝えしたい内容です!

 

まずは現在、仲良くなりたい方との距離感はどれくらいですか?

[A]挨拶をする程度の仲

もしその方と毎日顔を合わせる機会があるなら必ず挨拶をしましょう。

その時もできるだけ明るく笑顔でする方が良い印象を与えます。

慣れてきたら挨拶の後にプラスして会話をしてみて下さい。

「おはようございます!最近寒くなりましたね?」

「お疲れ様です!クリスマスシーズンはイルミネーションが綺麗ですよね!」

など、誰でも返答しやすいような【天気】【季節】の話題にすると相手も答えてくれます。

現在の距離感が[A]の方は、これまでの挨拶に加えて【プラス一言の会話】を意識して距離感を縮めていきましょう!

 

[B]普通に会話はするが、連絡先は知らない仲

日常会話をするくらいの仲が築かれているなら、連絡先を聞いてもいいと思いますが相手が女性の場合は男性よりも気を遣う必要があります。

「断られるのが怖い」とか「気まずくなりたくない」という気持ちがあるなら、仲良くなりたい女性を含めた数人で飲み会を開いた方がスムーズに連絡先を交換できます。

 

仲良くなりたい方との現在の距離感によって

接し方が変わってきますので気をつけましょう。

それでは、距離を縮める具体的な方法をお伝えしていきます。

 

f:id:hanbai832:20181127154238j:plain

 

 

①相談する

仲良くなりたい方に【相談】をすることで距離を縮めることができます。

相談するという行為は、その人を信頼してプライベートな部分まで相手に見せるということになります。以前の記事でもお伝えしました【返報性の法則】【自己開示】です。

詳しくはこちらの記事でお伝えしています。

www.work-surgery.com相手があなたのことを本当に嫌いでない限りは相談に乗ってくれます。

【返報性の法則】【自己開示】の効果により、相手は相談されると【親しみ】を感じやすくなり距離が縮まります。

皆さんの周りで「友達に色々な相談をしているうちに、その友達のことが好きになってしまった」という方はいませんでしたか?

このケースも相談しているうちに友達との距離が縮まって、最終的には信頼できる関係性が築けて好きになってしまったということです。

さらに【相談】は回数を重ねるごとに相手との親密度も増えますので、最初は軽い相談からはじめて、次第に本気で悩んでいる相談事などをすると効果的です。

 

 

②相談のコツ

誰に相談してもいいような内容だと相手も「何で私に相談したんだろう?」と疑問をもたれてしまいます。

ちゃんとその人にあった相談内容にしましょう。

その人との距離を縮めるために相談をするのですが、その相談自体が適当だったり、誰にでもいいような内容だと不信感を持たれてしまい、距離を縮めるどころか開いてしまいます。

「あなたにだからこの相談をしている」ということが伝わると相手も真剣に応えてくれるはずです。それを伝えるための相談で分かりやすいのが職業です。

仕事をしているということは、その分野の専門的な知識もありますし、相談を受けた方もすぐに答えを出しやすいという利点があります。

 

(例)

美容師→髪型や頭皮に関する相談

看護師→体調面や栄養面に関する相談

保育士→子供の扱い方や子供とのコミュニケーション術

上記のように、専門的な職業の相手にはその仕事に関する相談をしましょう!

同じ職場の人であれば、その人の強みを調べてその強みに関連する相談をすると、相手も気持ちよくアドバイスをしてくれます。 

他には、その人の【趣味】を調べてその趣味に関連した相談をするのもいいでしょう。

その際に軽く情報を調べておくと相談内容もより具体的になり、信憑性が増します。

最初の相談ごとなどは【職業】【強み】【趣味】などに関連することで大丈夫ですが、回数を重ねるにつれて【自分自身の弱み】【将来に対する不安】など、普段は絶対人に見せない姿を連想させるような相談だと「自分には弱い部分までみせてくれている」と感じてくれて、さらに距離を縮めることができます。

 

これは私が実際に【相談】から距離を縮めた時のことです。

当時、ショッピングモールのメンズショップで働いていたのですが、違うフロアのアクセサリーショップにすごくタイプの女性が働いていました。

私はどうにかしてその人と仲良くなりたかったので、まずはその人のショップに行って「自分用にリングを探しているので店員さんのオススメはありますか?」と接客してもらいました。

その後、リングを購入してからはお手入れ方法の相談や、違うアクセサリーを選んでもらうなどして距離を縮めていくうちに相手の方からも仕事の相談を受けるようになり、連絡先を交換しました。

そこからは、お互いに同じ接客業ということで沢山の悩みや意見を言い合える関係にまでなり、最終的には付き合うことができました。

この時には上記でお伝えした通り、最初は相手の仕事に関する相談ということで、アクセサリーに関する相談を数回繰り返しました。

回数を重ねるうちに自分の悩みや将来のことなどを相談してこちらから心を開いていきました。

相談する際に大切なことは相手のことを信用することです。こにらが信用していないと相手からも信用されません。

 

 

 

まとめ

今回は相談によって仲良くなりたい方との距離を縮める方法をお伝えしました。

この方法は会話が苦手な方でも相談をするだけなので実行しやすいです。

大事なことは相談の回数を増やすということです。

ですが、ただ回数を増やせばいいというわけではありません。どうでもいい内容の相談をすると相手から不信感をもたれてしまいます。

こちらが真剣に相談しているかどうかは相手に伝わりますので、相談をする時はまじめな態度で細かい部分まで伝えるようにしましょう!

相談を通じて、自分がどういう人間かということを伝えることが一番重要です。

それによって信頼関係が生まれます。

 

今回の記事で一人でも多くの方の人間関係が良好になれば幸いです。