モテる男になるための【ファッション&仕事術】

モテる男になるためのコーディネートや仕事術、心理学などをお伝えします。

ポジティブな人になるための自分改革!!

スポンサーリンク

 

こんにちは!

現役店長のリュウです!

 

私の友人で超がつくほどの「ポジティブ人間」がいます。物事は何でも前向きに捉えていますし、常に笑顔で周囲を明るくする力を持っています。

そういう人の周りには自然と人が寄ってきて、良い関係性が構築されていると思います。

 

私もそのポジティブな友人に感化されて、ポジティブ思考になるための努力を行なってきました。

 

そこで今回は、私の経験をもとに【ポジティブな人になるための考え方】についてお伝えします。

 

f:id:hanbai832:20190831205906j:plain

 

 

①ポジティブになるために自分を分析する

自分を変えようとするならば、まずは自分のことを分かっていなければなりません。

「自分のことくらい分かっているよ」と誰しも思いますが、それは感覚的なことであり、一度客観的に自分分析を行ってみて下さい。意外と時間がかかりますよ。

 

まずは、客観的に分析するために「自分のこと」について書き出してみて下さい。

できれば「仕事の時の自分」「プライベートの時の自分」に分けるとより細かい分析ができます。

 

「自分のこと」という括りが広すぎるなら「自分のプロフィール」を作るようなイメージでもオッケーです!

 

・名前

・あだ名

・生年月日

・血液型

・出身地

・性格

・趣味、特技

・長所

・短所

・将来の夢

 

こうやって改めて自分のことについて書くことで客観的に自分を知ることができます。

 

 

②ポジティブになるために目標を設定する

ただ闇雲に「ポジティブになる」では、具体的な行動もできませんし、長続きしません。

ポジティブな自分になることでどのような環境の変化が起こるのかをリアルにイメージします。そして目標を決めます。

 

「ポジティブになって友達を増やしたい」

「ポジティブになって人間関係を良くしたい」

「ポジティブになって出世したい」

 

自分を変えるためには「目標」を設定しましょう。「ポジティブになって友達を増やしたい」という「目標」を設定するとなにを行動すべきかが明確になります。

 

 

③ポジティブになるために逆境を楽しむ

仕事でもプライベートでも必ず失敗はありますし、ピンチに陥る時もあります。

その時は落ち込んだり焦ったりと、ネガティブな感情が多くなりますよね。

そんな逆境な状況を楽しめるのがポジティブな人です。

ポジティブな人は、目の前の壁を乗り越える方法を考えると同時に「この壁を乗り越えたら、更に成長できる!」と明るい未来のことを考えます。

または「これだけの試練を乗り越えたら、絶対に良いことが起こるはず!」と前向きな捉え方をします。

このように、まず自分に大変なことが起きたら

「ここを頑張ったら、更なる成長が望める!」

「ここを乗り越えたら、幸運が訪れる!」

というようなポジティブな捉え方で行動してみましょう!

逆境を楽しめているということは、気持ちに余裕ができている証拠です。

 

 

④ ポジティブになるために見返りを求めない

以前の記事でもお伝えしましたが、自分では見返りを求めていないつもりでも、心のどこかで期待している自分がいて、その通りにならなければガッカリしてしまうということがありました。

本当にポジティブな人は、何も見返りを求めずに相手に与え続けることができます。 そして与え続けることが、いつか自分に返ってくることを分かっています。

「ギブアンドテイク」ではなく「ギブアンドギブ」の精神で自分を変えていきましょう。

 

※見返りを求めないという考え方についてはこちらです。

www.work-surgery.com

 

 

⑤ポジティブになるために習慣を変える

これまでお伝えしてきた方法や考え方を実践してみて、それを習慣化できるまで落とし込みましょう。

これは私の経験ですが、実際に自分を変えようと思って、そのきっかけとなる本を探します。そして本を購入して、読んだ直後にすぐ実践します。

ここまではやる気もあって楽しみながらできていますが、これが1週間後となると忘れてしまっているケースが多々ありました。

結局は習慣化するまで自分の中で落とし込めておらず、中途半端な知識で終わってしまいます。

 

習慣化するためには、一度にたくさんの事を実行せずに自分に合いそうなものや、興味があることから取り組んでみましょう。

例えば、「ポジティブになって友達を増やす」という目標を立てたら、自分ができそうな事を実行しましょう。

「まずは常に笑顔でいることを意識する」と決めたら、それを三日間続けます。それがクリアできたら一週間という風に徐々に日数を伸ばしていきましょう。

初めは意識しながらですが、「笑顔でいること」が当たり前の状態になれば習慣化できていることになります。

その時には、継続してやり遂げたという自信もついて友達も増えているはずです!

 

 

 

まとめ

今回は【ポジティブな人になるための考え方】についてお伝えしました。

 

ポジティブになるために自分を分析する

ポジティブになるために目標を設定する

ポジティブになるために逆境を楽しむ

ポジティブになるために見返りを求めない

ポジティブになるために習慣を変える

 

これらは誰にもできることです。ですが、最終的にポジティブになれるかどうかは継続して意識できるかどうかが重要になります。

 

ポジティブになることはメリットが多いので、これまでの自分を変えたい人は是非ポジティブ思考になって、生活を豊かなものしてください!