モテる男になるための【ファッション&仕事術】

モテる男になるためのコーディネートや仕事術、心理学などをお伝えします。

カラオケでモテる男性の特徴とモテるためのテクニック!!

スポンサーリンク

 

こんにちは!

現役店長のリュウです!

 

皆さんはカラオケがお好きですか?

私は好きで、飲み会の後は必ずカラオケに行きます!

飲み会の席では大人しかった人が、カラオケに行くと人格が変わったように歌って踊り出す人がいたり、お酒が入っていることもあってか、バラードを聞いたら泣きだす人がいたりと、その人の違った一面を見れるのもカラオケの魅力だと感じています。

 

飲み会後のカラオケは気になる人を振り向かせるチャンスでもありますので、気合いが入りますよね!

ただ、「どのようにすればいいのか分からない」という方のために今回は【カラオケでモテるためのテクニック】をお伝えします!

 

 

f:id:hanbai832:20190814223238j:plain

 

 

①カラオケでモテる男性の選曲

自分の十八番があればそれを歌ってもいいんですが、その歌がマニアックすぎると聞いている方はリアクションが取りにくいので気をつけましょう。

選曲も周囲への気遣いの一つです。自分が楽しむことも大事ですが、みんなに楽しんでもらうということを考えて行動しましょう。

 

何を歌えば分からない時は【月間ランキング】【年間ランキング】の中から選べば、大抵みんなが知っている歌ですので盛り上がります。

カラオケに行くことが決まったら、事前にランキングに入っている曲をチェックして歌える状態にしておきましょう。

 

入室してからの一番最初に歌う曲はセンスが問われます。

みんなが避けがちなトップバッターですが、ここでみんなを盛り上げることができればあなたの評価は上がりますよ!

 

〈一曲目を選ぶポイント〉

・みんなが知っている曲

・ノリがいい曲

・流行曲

 

〈一曲目にオススメの曲〉

・YAH YAH YAH(CHAGE and ASKA)

サビの部分はみんなで歌えて、年代問わずに盛り上がれます!

 

・U.S.A.(DA PUMP)

振り付けが覚えやすくて、みんなで踊って盛り上がれる曲です!サビの部分の振り付けは完璧にしておきましょう!

 

・LOSER(米津玄師)

男女共に人気の曲でランキングでは常に上位にあるのでカッコよく歌えれば盛り上がります!

 

 

②カラオケでモテる男性の気遣い方

モテる男性はさりげない気遣いが素晴らしいです。そういった部分は意外と見られていることが多いので意識しておきましょう。

では、具体的な気遣い方をお伝えしていきます。

まず入室したら女性の上着をハンガーにかけてあげます。男性でこれをしている人は少ないので、他の人と差をつけれますよ!

次に【デンモク(選曲する機会)】【マイク】【タンバリン】をテーブルに配置して、【おしぼり】を配ります。

さりげなく行うことがポイントです。

 

カラオケの最中でも、飲み物がなくなってきたら「次は何飲む?」と聞いたり、歌うことが苦手な女性には「良かったら一緒に歌わない?」と声をかけたり、常に周りを見て気配りを行いましょう。

女性が歌っている時には【タンバリン】や【手拍子】で盛り上げたり、知っている曲なら口ずさむと女性も安心して歌えます。

 

 

③カラオケでモテる男性のアプローチ方法

カラオケでは雰囲気を出すために部屋のライトを調整できます。

みんなに確認をした上で、ライトを少し暗めに調整しましょう。そうすることでいい雰囲気が作りやすくなります。

カラオケでは常に誰かが歌っている状況なので、普通に話しても声が聞こえにくいことが多いですよね。そうすると自然に耳元で話すようになります。これはカラオケという空間だからこそできる距離感ですので、女性と仲良くなるチャンスです!

「女性と何を話したらいいか分からない」という男性でも、カラオケであれば音楽の話題がありますので、積極的にアプローチをしていきましょう。

「好きなアーティスト」「好きな曲」で共感できると盛り上がりやすいです。

年代が若い女性とカラオケに行く際は、事前に今流行りのアーティストや曲は必ずチェックしておきましょう。

女性と盛り上がるために【共通の話題】は必須ですよ!

 

※女性の連絡先を聞く方法

www.work-surgery.com

 

 

④カラオケでモテる男性の盛り上げ方

カラオケでは歌が上手い人の方がモテるように思われがちですが、歌唱力に自信がない人でもモテる方法はあります!

それはズバリ【みんなを盛り上げる】ことです!

普通に歌っているだけでは女性の印象に残りません。だからこそ工夫が必要なのです。

分かりやすいのが【ものまね】です。皆さんの周りでも器用にものまねをする人がいますよね?こういう人が一人いると必ず盛り上げてくれます!

「ものまねが上手くできたら苦労しないよ…」と思っている方も多いですよね?

確かに、全体的なクオリティが高い方がウケはいいのですが、クオリティが低くても盛り上げることはできます。

それは【完全になりきること】です!

ものまねは声だけはありません。動きや表情、仕草、クセをまねすることで盛り上げることができます。

ものまね芸人さんのネタを見ると、その人の動きの特徴を捉えて、より誇張して見せることでみんなを盛り上げていますよね?

あなたも、ものまねするアーティストになりきって、動きを誇張して歌いましょう!

そのアーティストになりきるためには、イメージが大切です。

例えばカラオケボックスを【横浜アリーナ】に見立てて、歌いながら「アリーナ盛り上がってるかい!!」とメンバーにマイクを向けたり、【市民ホール】に見立てて、客席に降りてお客さんと握手をするように、その時のメンバー一人一人と握手をしながら歌いましょう。(バラード曲がウケます)

 

このように、声まねじゃなくても盛り上がりますので是非とも試してみて下さい!

注意点は、途中で笑ったり、恥ずかしがったりしないことです。

あくまで、なりきったあなたの姿が面白いのにであって、自分で笑ったらただ素のあなたです。素のあなたを見ても周りは盛り上がりません。

必ず最後まで【アーティストになりきる】という強い気持ちでものまねをしましょう!

 

そして一通りみんなを盛り上げたら、最後はあなた得意のバラードナンバーで締めましょう。このギャップが大きいほど、女性はキュンとします。

 

 

まとめ

今回は【カラオケでモテるためのテクニック】についてお伝えしました。

 

①選曲

②気遣い

③アプローチ方法

④盛り上げ方

 

この4項目はどれも意識してもらうことで、モテる男性へと近づけます。

 

カラオケという空間は少し特殊ですが、周りとの距離も縮まりやすく、自分をアピールるする絶好のチャンスでもありますので今回の記事を参考にして頂き、モテる男性になって下さい!