モテる男になるための【ファッション&仕事術】

モテる男になるためのコーディネートや仕事術、心理学などをお伝えします。

クールな印象を与えるためのオススメモノトーンコーディネート6選!

スポンサーリンク

 

こんにちは!

現役店長のリュウです!

 

皆さんは【勝負服】をお持ちですか?

例えば、明日気になる女性と食事に行くとなった時に「これを着ていけばカッコよく見られる!」と自信をもって言える洋服はありますか?

 

「どうせ出会いがないから自分には関係ないよ」などと思わないで下さい。

 

・急に飲み会の誘いがくるかもしれない!

・突然、女性の方から食事の誘いをうけるかもしれない!

・昔、好きだった人にばったりと会うかもしれない!

 

チャンスは突然きます。

そのチャンスをものにするかしないかはあなた次第です!

 

そこで今回は、突然のチャンス到来にも対応できて、しかも結果も出せるようなオススメのモノトーンコーディネートをご紹介します!

 

モノトーンコーディネートはクールで男らしさをアピールできるので、女性ウケは間違いないですよ!

今回は6つのアイテムを使用したコーディネートをご紹介しますので、気になったものがあれば是非とも参考にして下さい!

 

 

①ジレコーデ

シャツやTシャツを一枚で着るとシンプルになりすぎて物足りないという方にオススメのコーディネートです!

ブラックジレはアイテムを選ばないので「今日のコーディネートはシンプルすぎる」と感じた時はジレを合わせてみて下さい!

 

ジレはレイヤード効果もありますので試してみて下さい!

レイヤードについてはこちらでもお伝えしています。

www.work-surgery.com

 

ジレを着用する時には前を開けるようにしましょう。前を閉めるとキチッとした印象が強くなりすぎて雰囲気が硬くなります。

画像のように、パンツとシューズもブラックでまとめることで下半身が繋がり、脚長効果+大人っぽい印象を出すことができます。

 

ジレを着用すると胸元が目立ちますので、アクセサリーなどの小物でポイントをつけるとオシャレな感じが出せます。

その際は、ゴツいデザインは避けて、シンプルで小さめの方がオススメです!

 

 

 

 

②シャツコーデ

こちらは知的な印象を出したストライプシャツのコーディネートです。

無地アイテムが多いという方は、たまにガラッと雰囲気を変えるためにもストライプ柄が一つあると便利ですよ。

こちらのデザインはストライプの幅が狭いので、落ち着いた雰囲気で着こなせます。

 

バッグとシューズを同系色でまとめることで女性の中には

「小物や靴の色まできちんと考えてコーディネートをしているから本当にオシャレが好きな人なんだろうな」

と感じてくれる人もいます。

 

自分のことを賢く見せたい時にはシャツコーディネートはオススメです!

 

 

③ポロシャツコーデ

夏場にオススメのコーディネートです。

ポロシャツというアイテムは着こなしを間違えると老けてみえたり、地味になってしまうのですが、ブラックのポロシャツは男らしさと色気が出せるアイテムです。

こちらはボーダー柄なので、無地よりも重たくなく、夏らしさを感じさせることができます。

 

気をつけるべき点はサイズ感です。画像のような自分の体型に合うタイトなサイズを選びましょう。

ウエストラインが細くても、袖口が広いと、だらしなく見えてしまうのでしっかりとサイズを確認しましょう。

 

ポロシャツ自体はカジュアルなアイテムですが、シルエットをタイトにして、モノトーンでまとめるとキレイめな雰囲気が出せますので是非とも試してみて下さい!

 

 

 

 

④Tシャツコーデ

Tシャツは組み合わせ次第でラフすぎたり、幼くみえたりするので注意が必要です。

ですので、こちらのように前面に大きな柄が入ったTシャツにすることでオシャレな雰囲気を出しています。

柄の色も鮮やかなものは避けて、白やグレーの無彩色にすることで落ち着いた印象を与えます。

 

ボトムスをブルージーンズにするとカジュアル感が強くなりすぎるので、白のタイトパンツでキレイめ感を出してバランスを取りましょう。

トップスのTシャツがカジュアルアイテムなので、足元までスニーカーにするとカジュアル感がなりすぎます。

全体のバランスを取るためには、足元を革靴にしてキレイめの要素を増やしましょう。

オシャレに見せるポイントは【バランス】です。

詳しくはこちらをご覧ください。

www.work-surgery.com

 

 

⑤ジャケットコーデ

ブラックジャケットは女性からの評判が高く、普段着からデートまで幅広く使用できるのが特徴です。

どのアイテムよりも、キレイめで大人っぽい印象を出せるので相手女性が年上でも年下でもドキッとさせることができます。

注意すべきは、ボトムスをブラックパンツにするとスーツのような堅苦しさが出てしまうので、迷彩柄パンツで少しハズすとバランスよく見えます。

女性と会う時には必ず使えるアイテムなので、1着は持っておくことをオススメします。

 

 

⑥カーディガンコーデ

ショールカラーのカーディガンですので、ジャッケット感覚で着用できます。

〈ショールカラー〉とは、首から肩掛けをしているようなデザインの襟のことで、形がへちまに似ていることから〈ヘチマカラー〉とも呼ばれています。

カーディガンなので、ジャッケットのようなかっちりした感じはなくラフに着れるのが特徴で柔らかい印象を与えることができます。

 

全身をモノトーンでまとめているので、クールな雰囲気で、男らしい着こなしになります。

「まだ、ジャッケットを着るのは抵抗があるな」と思われる方は、こちらのショールカラーカーディガンがオススメです!

 

 

まとめ

今回は【クールな印象で男らしい雰囲気が出せる】ブラックアイテムを使用したモノトーンコーディネートをご紹介しました。

 

モノトーンコーディネートは、黒と白の2色だけの組み合わせなので、オシャレが苦手という方でも比較的取り入れやすいコーディネートです。

 

まずは、いざという時のためにモノトーンコーデの【勝負服】を用意しましょう。

サイズ感をちゃんとしていれば、カッコ悪く見えることはありません。

 

【トップス】

・ブラックジレ

・ブラックシャツ

・ブラックポロ

・ブラックジャケット

・ブラックカーディガン

 

【インナー】

・ブラックTシャツ

・ホワイトTシャツ

 

【ボトムス】

・ブラックパンツ

・ホワイトパンツ

 

【シューズ】

・ブラックレザーシューズ

・ホワイトスニーカー

 

 

上記のアイテムを組み合わせるとモノトーンコーデはできますので、今回の記事を参考にして「自分がカッコいいと感じるコーディネート」を真似することから始めてみましょう!