モテる男になるための【ファッション&仕事術】

モテる男になるためのコーディネートや仕事術、心理学などをお伝えします。

ミルクボーイのコンフレークネタをアレンジしてスタッフに披露してみた!!

スポンサーリンク

 

f:id:hanbai832:20200329131004j:plain

現在は店舗へのご来店のお客様も少ないのが現状です。

共に働くスタッフ達のモチベーションも下がり、私自身もどうにかしてスタッフを盛り上げたいと考えていたちょうどそんな時に、テレビでミルクボーイコンフレークネタを見て大爆笑しました!

今更感はありますが、このネタをもとにしてスタッフに披露したら笑ってくれるのではないかと考えて実行したことについて、今回はお伝えします。

 

店舗を盛り上げたいと考えている方は是非参考にしていただければと思います。

 

 

ミルクボーイの「コーンフレークネタ」をアレンジ

f:id:hanbai832:20200329131035j:plain

実際、ミルクボーイのコンフレークネタをベースにしてパソコンに書き出しました。

私がツッコミの内海さんを担当、ボケの駒場さんをスタッフの1人に担当してもらって、ネタ合わせをして披露するという流れになります。

 

ネタ披露

ネタ「セット販売」

 

私(ツッコミ)

スタッフ(ボケ)

 

どうも店員ボーイです!

どうも店員ボーイです!

 

あーありがとうございますー今、自店のメンバーズカードをいただきましたーこんなん、なんぼあってもいいですからね!

 

ポイント貯めれますからね!

 

有難いですよねーほんとにねー

 

いきなりですけどね、うちのオカンがね、好きな販売方法があるらしいんやけど

 

あっ、そうなんやー

 

その販売方法をちょっと忘れたらしくてね

 

販売方法を忘れてもうてーどうなってんねんそれー

 

で、まぁ色々聞くんやけどな、全然分からへんねんな

 

分からへんの?ほな俺がね、おかんの好きな販売方法をちょっと一緒に考えてあげるから、どんな特徴ゆうてたかってのを教えてみてよー

 

あのー1人のお客さんに複数点買ってもらう販売方法やって言うねんな

 

おーセット販売やないかい!その特徴はもう完全にセット販売やがな

 

セット販売なぁー

 

すぐ分かったやん、こんなんもー

 

でもこれちょっと分からへんのよなー

 

何が分からへんのよー

 

いや、俺もセット販売やと思うてんけどなー

 

いやそうやろ?

 

オカンが言うには、販売技術は必要ないって言うねんな

 

あー、ほなセット販売と違うかぁー1人のお客さんに複数点買ってもらうのに販売技術が必要ないってことはありえないもんねー

 

そやねん

 

セット販売はね、店員のトークスキルがあってこそ成立してんのよーあれ

 

そやねんなー

 

ほなセット販売ちゃうがなこれ

 

そやねん

 

ほなもう一度詳しく教えてくれる?

 

最初から多めに商品提案して、そこからお客さんとのトークの中で、必要ないものを引いていく、引き算の販売方法らしいねん

 

セット販売やないかい!売れない店員は、次から次に商品提案してお客さんに圧迫感を与えてしまうねんけど、売れる店員は、最初からお客さんの好みの商品を用意して、お客さんのニーズを聞き出しながら必要な商品だけオススメしていくんよ!俺の目は騙されへんよー俺騙したら大したもんやー

 

分からへんねんでもー

 

何が分からへんのこれでー

 

俺もセット販売と思うてんけどな

 

そうやろ

 

オカンが言うには、全く同じ商品を何点も提案していくって言うねんなー

 

ほなセット販売ちゃうやないかい!全く同じ商品を提案されても、購買意欲は刺激されんでー

 

そやねん、そやねん

 

な?たとえ一本10円のうまい棒でも何本も同じ物をすすめられたら買う気なくすやろ?

 

そやねん

 

ホンマに分からへんがなこれーどうなってんねんもうー

 

んで、オトンが言うにはな

 

オトン?

 

通販での販売方法ちゃうか?って言うねん

 

いや絶対ちゃうやろーもうええわー

 

ありがとうございましたー!

ありがとうございましたー!

 

 

スタッフの反応

スタッフには営業終了後にミーティングをするという形で集まってもらいました。そこでいきなりネタを披露したのでスタッフたちの最初の反応は

「えっ???…えっ???…」

という感じで、かなりビックリしていました。ですが、走り出した私たちのネタはもう止まりませんでした!

状況を理解したスタッフも最終的にはみんな笑ってくれて、なんとも言えない充実感と、噛まずにネタが出来た安堵感で

やってみて良かったー

と心の底から思いました。

 

ネタをアレンジしてみて

上記のネタで約3〜4分くらいなのですが、ミルクボーイのコーンフレークネタをベースに作ったにも関わらず、完成するまでに結構な時間がかかりました。

こういったネタをゼロから作り出す芸人さんの凄さを改めて実感できましたし、誰かを笑わせるということの大変さを痛感しました。

 

 

スタッフのテンションを上げることの重要性

f:id:hanbai832:20200329131108j:plain

マネージャーとして店舗運営をする際に、スタッフのテンションを上げるということは非常に大切であり、テンションを上げて楽しく仕事に取り組んでもらうことは、マネージャーの大事な役割だと考えています。

 

コミュニケーション

スタッフのテンションを上げるために、ネタ披露という形で盛り上げることができましたが、これは私が普段からコミュニケーションを取っていたからこそ成立したと思っています。

コミュニケーションが取れていない状態でネタ披露をしても「そんなことするよりも、もっとみんなと会話する機会を増やしたほうがいいですよ…」とスタッフから思われて、その場が盛りがらないことは簡単に予想できます。

自分の中で、いいコミュニケーションの取り方を思いついて即実行しても、スタッフはついてこれません。

もし、いい案を思いついたのなら、まずはスタッフとの日頃の会話を増やし、コミュニケーションをしっかり取った上で実行しましょう。

 

※Iメッセージを使ったコミュニケーション術はこちらの記事でお伝えしています。

 

※信頼関係についてはこちらの記事でお伝えしています。

 

褒める

褒めるという行為を適当に行ってもスタッフには響きません。それどころか、その適当具合を見透かされて信頼を失う恐れもあります。

褒める時には、スタッフの良かった点を見て、しっかりと確認して具体的に褒めることが大切です。

そうすることでスタッフも「頑張ったことはしっかり見てくれている!」と感じて、次へのモチベーションアップにも繋がります。

 

※効果的な褒め方についてはこちらの記事でお伝えしています。

 

笑い

みんなが笑顔になると、全体のテンションも上がって、とてもいい雰囲気になりますよね?

私が周りを笑顔にするために心がけていることは「笑いを取る」ことです。

もともと昔からお笑いが好きで、ダウンタウンの番組を中心によく見ていました。ですので

このタイミングでボケたらウケる!
ここではノリツッコミでいこう!

という風に、自分の中でのタイミングがあります。

スタッフとの関係性で悩まれている方は、一度笑わせてみるという方向で考えるのもいいかもしれませんよ!

「笑いの取り方なんて分からないよ…」という方でもすぐに実践できる記事を書きましたので参考にしてみて下さい。

 

※笑いの取り方についてはこちらの記事でお伝えしています。

 

 

ネタ披露がオススメ

f:id:hanbai832:20200329131142j:plain

実際にスタッフの前でネタを披露してみて、これまでよりもスタッフとの距離が近くなったように感じました。

 

ネタ披露オススメの理由

ネタを披露することでスタッフのテンションアップにも繋がりますが、スタッフ自身が

「自分たちのためにここまでしてくれている」と感じてくれることもあります。

マネージャーとして

店舗を盛り上げていきたい!

という気持ちを形に表すことが大切で、私はネタ披露という形でそれを表現しました。

普段からスタッフに怖いと思われているマネージャーも、ネタ披露をして全く違う一面を見せることで、スタッフの印象も大きく変わってきますよ!

あとは、ネタを披露した後の笑いが取れた充実感は最高です。元々のミルクボーイのネタが面白いから笑いが取れたのは明白ですが、人を楽しませる喜びを、このネタ披露を通じて感じれたことが皆さんにオススメする理由でもあります。

 

M-1グランプリ

ネタ披露することを考えたら次にするのが、どのネタをベースにするのかを決めることです。

オリジナルで作って笑いを取れるネタに仕上げるには、かなりのセンスと技術、時間を要するので素人には難しく、無理があります。

あくまでも、スタッフのテンションを上げて店舗を盛り上げることが目的ですので、自分が面白いと感じたネタの一部分を身近なワードに変えるだけでも十分ではないでしょうか。

 

ベースとなるネタの探し方は「M-1グランプリ」の中から決めることをオススメします。なぜならば、メジャーであり、認知度も高いのでネタを見たことがある人も多く、笑いが取りやすいからです。ここで私が、M-1からネタを探すために参考にしたものを書いておきます。

 

M-1歴代王者と得点

2001年  中川家(829点)

2002年  ますだおかだ(612点)

2003年  フットボールアワー(663点)

2004年  アンタッチャブル(673点)

2005年  ブラックマヨネーズ(659点)

2006年  チュートリアル(664点)

2007年  サンドウィッチマン(651点)

2008年  NONSTYLE(644点)

2009年  パンクブーブー(651点)

2010年  笑い飯(668点)

2015年  トレンディエンジェル(825点)

2016年  銀シャリ(470点)

2017年  とろサーモン(645点)

2018年  霜降り明星(662点)

2019年  ミルクボーイ(681点) 

※(審査員の人数により、その年で得点に違いがある)

その年のM-1王者を見ると、その時の記憶が蘇ってきて、またネタを見たくなりますよね!

 

Amazonプライムビデオ

これまでのM-1グランプリを見たい方にはAmazonプライムビデオがオススメです!

Amazonプライムビデオは月額500円または年会費4,900円で、約20,000本の動画が見放題のサービスです。

こちらは「30日間無料体験」をしていますので、期間内で解約すれば料金は発生しません。

M-1グランプリも2001年から視聴できますので、その中から好きなネタや真似してみたいネタを探しながら見るというのも面白いですよ!

 

 

 

まとめ

今回はミルクボーイのネタを通じて、スタッフのテンションアップと店舗の盛り上げ方をお伝えしました。

普段からのコミュニケーションはもちろん大切ですが、たまには変わったことも取り入れることでスタッフとの絆をより深めることができます。

 

店舗運営はマネージャー1人では成り立たず、スタッフがいてくれてこそ一つのお店ですので、そのことを意識して行動すると自然とコミュニケーションを取ろうと思えるのではないでしょうか。

ネタを披露するのは大変な部分もありますが、頑張ってお店を盛り上げようという気持ちは必ずスタッフにも届きます。

是非とも実践してみて下さい!

 

今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。