モテる男になるための【ファッション&仕事術】

モテる男になるためのコーディネートや仕事術、心理学などをお伝えします。

婚活パーティーでカップリングになるにはコツがあった!【PDCAで考える】

スポンサーリンク

f:id:hanbai832:20200222173203j:plain

 

こんにちは!

現役店長のリュウです!

 

素敵な出会いを求めて婚活パーティーに参加している人は多いのですが、中々カップルになれずに悩んでいる方もいらっしゃいます。

婚活パーティーへの参加も無料ではないので、できれば「いいな」と思った人と早めにカップルになりたいですよね。

そのために考えるべきは【PDCA】です。

今回は婚活パーティーで成果を出すための【PDCA】の考え方をお伝えします。

 

 

PDCAとは?

f:id:hanbai832:20200222140636p:plain

「Plan(計画)」

「Do(実行)」

「Check(評価)」

「Action(改善)」

の頭文字を取ったものが「PDCA」です。

きちんと計画を立てて、それを確実に実行して、でた結果に対して良かったところ、悪かったところを評価して、それをもとに改善策を練ります。

PDCAを実行することで、やるべき事が明確になるので迷いがなく、客観的に自分のことを見る事ができます。そうすることで失敗しても「この部分がダメだった」と気付けるので、そのダメだった部分に対して対策を取り、次に活かすことができるのです。

 

では、婚活パーティーでの「PDCA」を考えていきましょう。

 

 

婚活パーティーでのPlan(計画)

f:id:hanbai832:20200222140723j:plain

まずは計画を立てる前に、婚活パーティーにおける自分の目的を決めましょう。そして、その目的を達成するための目標を決めます。目標を具体的にすることで次の実行がしやすくなります。

 

目的:「婚活パーティーでカップルになってLINEを交換する」

具体像:「30代で癒し系、職業は問わないが一人暮らしでタバコは吸わない人」

 

目的を決めたら、それに基づいて計画を立てます。

まずは、どの婚活パーティーに参加するのかを決める必要があります。具体像で上げたキーワードは「30代」「癒し系」「一人暮らし」「タバコを吸わない」です。このキーワードをもとに参加するパーティーを探しましょう。今回は【シャンクレール 】【PARTY☆PARTY】から探していきます。

ちなみにどちらも「個室会場」で探して下さい。その方が一人一人の女性と落ち着いて話せますし、一人でも気軽に参加できます。

 

【シャンクレール 】

【30代女性メイン】…{癒しの年下女性}幸せへの第一歩…♪

男性→30〜43歳位  web予約割¥4,000

女性→28〜40歳位  web予約割¥500

【理想の女性編】…≪大ヒット!!≫男性が好む、~家庭的 + 癒し女性~

男性→33〜49歳位  web予約割¥4,000

女性→28〜45歳位  web予約割¥1,000

<…癒しの年下女性…♪>カップルになって二人で出かけよう!!

男性→24〜38歳位  web予約割¥3,500

女性→22〜33歳位  web予約割¥500

シャンクレールの特徴としては、参加条件の年齢の幅が広いのと、女性の料金が安いので比較的若い人も多いということです。

ワンコインで気軽に参加できるということから、色んなタイプの女性と出会えます。

 

シャンクレール公式サイトはこちら

 

※シャンクレールのパーティーの流れはこちらでお伝えしています。

 

【PARTY☆PARTY】

《一人暮らし・料理好き・人気職業♡》一途な恋愛前向き女性編

男性→29〜37歳  ¥5,000

女性→22〜33歳  ¥3,000

《猫顔/可愛いと言われちゃう》ノンスモーカー&一人参加女性編

男性→33〜45歳  ¥5,000

女性→33〜42歳  ¥3,000

《20代女性メイン》穏やかな関係が理想♡癒し系・おっとり♡女性

男性→27〜33歳  ¥5,500

女性→27〜33歳  ¥2,500

パーティーパーティーの特徴としては、女性の料金もそれなりにしますので「せっかくこれだけのお金を払うのだから、いい人を見つけたい」という真剣な女性が多いです。

 

PARTY☆PARTY公式サイトはこちら

 

※パーティーパーティーの流れはこちらでお伝えしています。

 

参加するパーティーを決めたら、具体的な目標を設定します。

考え方としては、目的から逆算していき、どういった行動を取れば目的が果たせるのかを考えていきましょう。

 

目的:「婚活パーティーでカップルになってLINEを交換する」

婚活パーティーでは、最終的にカップルになれば連絡先の交換をしますので、目的を達成するためには自分が「いいな♪」と思った相手からも「いいな♪」と思ってもらわなければなりません。ですので、参加している女性の多くから好感を持ってもらえるような行動をとることを目標に設定しましょう。

 

6つの目標

①挨拶は笑顔

②自己開示

③積極的に質問

④共通点を見つける

⑤女性を褒める

⑥印象に残る挨拶

 

一人の女性と話せる時間は、その日のパーティーの参加人数により多少の変動はありますが、10分以内です。限られた時間内に上記の6つの目標を実行していきましょう。

 

 

婚活パーティーでのDo(実行)

f:id:hanbai832:20200222140801j:plain

目標を実行する際はただ行うのではなく、その後評価をする時のために内容を残しておくことが望ましいです。

初めのうちは慣れてなく余裕もないので難しいと思いますが、目的達成率を上げることを考えれば行うことがベストです。

とはいえ、いきなり内容を残していくのが難しいという方は、この6つの目標を何人に対して実行できたのかをチェックしていきましょう。

 

①挨拶は笑顔

女性は同じ個室にずっと居て、男性は個室を一つ一つ移動していく形になります。そして個室に入って挨拶をするのですが、それが初めて顔を合わせる瞬間になりますので、その時にあなたが笑顔になるだけで第一印象の良さはグンと上がります!

笑顔の効果は皆さんもご存知だと思いますが、女性からすると「どんな男性が来るんだろう…」とものすごく緊張している状態です。そこに入ってきた男性が笑顔だったら、それまでの緊張状態もほぐれてリラックスできるようになります。まずは笑顔で挨拶ということを意識して実行していきましょう。

 

※笑顔が上手くできないという方はこちらの記事をご覧下さい。

 

②自己開示

自己開示とは、簡単に言うと自分の情報を話すことです。初対面の人に対しては警戒心があります。その警戒心を解く一番の方法は、自分がどういう人間なのかを分かってもらうことです。そして、こちらが自分の情報を話すことで、相手も自分のことを話してくれるようになります。

職業や趣味などはプロフィールをみれば分かることなので、婚活パーティーに参加した理由や恋愛観、将来がイメージできるようなデートプランや理想のデートコースなどの話をするのがオススメです。

ポイントは結婚や恋愛に関連した自分の情報を話すことです。

 

※自己開示についてはこちらでもお伝えしています。

 

③積極的に質問

女性のタイプにもよりますが、私の経験上では婚活パーティーに参加している女性は受け身の方が多いように思います。

ですので、自分から質問できない男性の場合だと、お互いに無言のまま時間だけが過ぎていくという最悪なパターンになりますので気をつけてください。

質問に関しては、プロフィールをもとに仕事や趣味について聞くのがベターです。

ですがそれだと周りの男性陣と一緒になってしまうので、あなたが②自己開示で恋愛観について話をしたら、その流れで相手の恋愛観について質問をしましょう。その答えに関連した質問を続けていけば終始恋愛トークで盛り上がり、周りの男性陣との違いを出せるはずです。

 

※質問テクニックに関する記事はこちらでお伝えしています。

 

④共通点を見つける

相手との共通点を見つけることができれば、一気に距離を縮めることができます。婚活パーティーでもよくあるのが「地元が一緒」というパターンです。

プロフィールには地元を書いてある場合もあるので、そこが一緒であれば地元の話で簡単に盛り上がれます。お互いに地元を離れて頑張っているという環境の中で、地元の人しか知らないお店や人気スポットの話をすると親近感が湧きますし、昔から知っているような感覚に陥るので仲良くなりやすいです。

「仕事の休みも趣味も恋愛観も共通点が見つからない…」という場合は、無理して見つける必要はありません。趣味が映画鑑賞の女性に合わせて「俺も映画鑑賞が好きなんですよ!」と無理すると「最近はどんな映画見ましたか?」と質問されて結局嘘がバレます。

共通点が見つからない場合は「これから相手女性との共通点を作っていきたい」というスタンスで大丈夫です。

先程の例でいくと「これまで映画はあまり見てこなかったのですが興味はあります。でも、周りに映画好きな人が少ないのでそういう話ができなかったんですよ。だから◯◯さんのオススメの映画を教えて下さい!」

このような感じで、相手が得意なものに対してこちらも興味を持って接していくと、それが共通点になって盛り上がります。

 

⑤女性を褒める

基本的に外見が良い女性は「美人ですね!」「可愛いですね!」といった褒め言葉には慣れているのであまり効果がありません。そういう人を褒める際は内面を褒めましょう。会話の中でヨガに行っているということが分かったら「ヨガに行って努力していることも凄いですけど、色んなところにアンテナを張って意識していることがさらに凄いですよね!」という風に頑張っているところを褒めるのがポイントです。

後はテクニックとして「勝手に決めつける」という褒め方もあります。

まずはその人を見て、どういった所に気を使っているのかを推測します。分かりやすいところだと「髪型」「メイク」「服装」です。

 

髪型の場合

「もしかして、前の仕事って美容師さんですか?」

「えっ、何でですか?ずっと事務をしていましたけど…」

「いや、ヘアスタイルが可愛くてセットが上手なんで美容師さんをされていたのかと思ってしまいました!」

「メイク」の場合は「化粧品の販売員」

「服装」の場合は「アパレル店員」

というように、相手の前職を勝手に決めつけてから褒めるというやり方も女性の印象に残りやすいのでオススメです。

 

⑥印象に残る挨拶

時間がきて最後に個室を出て行く前に挨拶をしますが、ここで普通に「ありがとうございました」だけでは何も響きません。女性陣は短い時間で何人もの男性と話をしているので印象に残っていなければ選ばれることはありません。

ですので最後まで気を抜かずに、できるだけ相手の印象に残る挨拶にしましょう。

ここでの挨拶は言うなれば、上記①〜⑤を踏まえての総括になります。そこに関連した挨拶と感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

例えば、恋愛観についての話がメインだったのならば「短い時間でしたがありがとうございました!似たような恋愛観の女性と出会えただけでも、このパーティーに参加した意味がありました!また楽しい恋愛トークをしましょうね!」

お互いが盛り上がったトークや共通点、褒めた時に喜んでくれたことなどを振り返って、改めて言葉に表すことで相手に印象づけることができます。

「次もまた話しましょう!」というように、次があることを意識してもらうことも大切です。

「また機会があれば話しましょう!」という伝え方だと、社交辞令と受け取られてしまいますので気をつけてください。

 

※こちらでは女性とのトークのポイントをお伝えしていますのでご覧下さい。

 

 

婚活パーティーでのCheck(評価)

f:id:hanbai832:20200222140842j:plain

評価はパーティーが終了してからなるべく早い段階で行なって下さい。時間が経ってしまうと記憶が曖昧になり、次へ活かせません。

まずは6つの目標に対して、何人の女性にどの位実行できたのか評価を行います。

例えば参加女性が10人であればその内、何人に実行できたのかを記入していきましょう。

 

評価

①挨拶は笑顔→10人中8人

②自己開示→ 10人中7人

③積極的に質問→10人中6人

④共通点を見つける→10人中5人

⑤女性を褒める→10人中3人

⑥印象に残る挨拶→10人中3人

 

これを行うと現時点での自分の弱点が分かり、課題が見つかります。

⑤女性を褒める⑥印象に残る挨拶が3人にしか出来なかったのはなぜなのか?

逆になぜ3人の女性にはちゃんと出来たのか?

そして実行できた3人の反応はどうだったのか?

 

これに対して自分の考えを書いていきます。

⑤女性を褒める⑥印象に残る挨拶ができた3人というのは最初の3人。初めは意識を持って行動できていたが、人数が増えていくに連れて余裕がなくなり、褒めることができなかった。最後の挨拶も余裕がなく「ありがとうございました」だけの単調なものになってしまっていた。

実行できた3人の反応は、見た目をそのまま褒めただけなので「ピアスが可愛いですね!」「ネイルが可愛いですね!」くらいしかできなかった。女性も「ありがとうございます!」とは言っていたが、本気で喜んでいるような感じではなかった。

最後の挨拶も「またお話しましょうね!」とは伝えたが、それまでのトークがそこまで盛り上がっていなかったので、あまり効果は感じられなかった。

 

このように評価を行うことで、客観的に振り返ることができます。冷静に自分の良かった点、悪かった点が理解でき、そこに気づけることが次へのステップへと繋がっていきますので、大変重要な項目です。

 

 

婚活パーティーでのAction(改善)

f:id:hanbai832:20200222140927j:plain

上記の評価したことに対して、次への改善策を考えます。

 

〈評価〉

⑤女性を褒める⑥印象に残る挨拶ができた3人というのは最初の3人。初めは意識を持って行動できていたが、人数が増えていくに連れて余裕がなくなり、褒めることができなかった。最後の挨拶も余裕がなく「ありがとうございました」だけの単調なものになってしまっていた。

実行できた3人の反応は、見た目をそのまま褒めただけなので「ピアスが可愛いですね!」「ネイルが可愛いですね!」くらいしかできなかった。女性も「ありがとうございます!」とは言っていたが、本気で喜んでいるような感じではなかった。

最後の挨拶も「またお話しましょうね!」とは伝えたが、それまでのトークがそこまで盛り上がっていなかったので、あまり効果は感じられなかった。

 

〈⑤女性を褒めるに対する改善策〉

人数が増えていっても余裕を持って褒めれるようにするために、褒め言葉のバリエーションを増やして覚えておく。

上記でも伝えた「勝手に決めつける」という褒め方を使ってみる。

「髪型を褒める」「ヘアスタイルが可愛くてセットが上手なんで美容師さんをされていたのかと思ってしまいました!」

「メイクを褒める」「化粧のことは詳しくないんですけど、すごく上手で美人なのに可愛らしい雰囲気もあるんで化粧品の販売員さんをされていたのかと思ってしまいました!」

「服装を褒める」「今日の洋服のコーディネートがオシャレで可愛いんで、アパレル店員さんをされていたのかと思ってしまいました!」

これを覚えておくことで褒め方のバリエーションが増えるので女性の反応も変わる可能性がある。

 

〈⑥印象に残る挨拶に対する改善策〉

単調な挨拶にならないように、もっと相手の女性に対して感謝の気持ちを持つことを意識する。そうすれば本音での挨拶ができるようになる。

「たくさんの男性と話さないといけないので大変だったと思いますけど、すごく楽しく会話をしてくれて嬉しかったです!」

「短い時間の中でたくさん質問させてもらいましたけど、一つ一つにちゃんと答えてくれてありがとうございました!」

無理に良いことを言おうとして言葉がでないよりも、感謝の気持ちを一番に考えて、心からの挨拶をすることで女性の好感度は上がる。

 

今回は、6つの目標で出来ていない部分に焦点を当てて改善策を考えましたが、出来ている部分をさらに伸ばしていくための改善策というのもありです。自分の強みの部分を伸ばすことで自信に繋がり、成果が出ます。

 

 

婚活パーティーでのPDCAの考え方

f:id:hanbai832:20200222141005j:plain

PDCAは一度で終わりではなく、何度も繰り返し行うことで精度を上げていきます(これをPDCAサイクルと呼びます)

「はじめての婚活パーティーに参加したけどカップルになれなかった。でも次はいい出会いがあるかもしれない!」

この考え方はとても素晴らしいです。ですが、何も考えずにただ次の婚活パーティーに参加してもそう上手くはいきません。何も考えずに参加している人は、そのパーティーでは何が良くて、何が悪かったのかが分かっていません。だから同じことを繰り返してしまいます。

せっかくお金を出して参加するのであれば参加するごとに精度を上げましょう。そのためのPDCAです!

これから最短でカップルになるためには、今回の記事を元に自分なりのPDCAを考えてみて下さい。

 

 

婚活パーティーでの服装

上記のPDCAでは外見については触れていませんが、当然重要です。特に服装はその人のセンスが出ますし、あまりにラフすぎるコーディネートは婚活パーティーでは敬遠されます。

婚活パーティーで成果を出すならば「キレイめなコーディネート」を目指しましょう!

コーディネートについて詳しくない方にでも簡単に分かるように表にまとめましたので下記をご覧下さい。

 

オススメのコーディネート

 

・トップス→ジャケット(ブラック)

ジャケットはキレイめな雰囲気を出せて、どのインナーとも相性が良く、女性からの評価も高いオススメアイテムです。

婚活パーティーに来ていく服で迷ったら、まずはジャケットを選びましょう。

 

・インナー→ニット(ベージュ)

ニットは保温効果も高く、その素材感から柔らかい印象を与えてくれます。上に着るジャケットがかっちりとしているので、インナーをニットにすることでバランスが取れます。

 

・ボトムス→デニム(ネイビー)

デニムはカジュアルアイテムですが、上にジャケットを合わせることでキレイめなコーディネートになります。サイズ感はダボっとしたものよりも、ややタイトなデザインを選んだ方が大人っぽく見えます。

 

・シューズ→レザー(ブラック)

デニムに対して、足元をレザーシューズにすることでバランスよく見えます。キレイめなコーディネートを目指すのであれば足元にレザーシューズはマストです。

こちらのコーディネートの特徴は、ジャケットとレザーシューズを組み合わせることでキレイめな雰囲気が出せるようになっており、インナーをシャツやTシャツに変更するだけで、また違った感じのコーディネートが楽しめます。

 

私が実際に婚活パーティーで感じたのは、男性の服装を見るとカジュアルな人が結構多いということです。普段であればカジュアルでもいいのですが、婚活パーティーという場においてはどうしても幼い印象を与えてしまうのであまりオススメはしません。

上記で紹介したオススメのコーディネートは誰でも簡単に真似できますので、試しに鏡の前で着てみて下さい。ガラッと雰囲気が変わるのを実感できますよ!

 

※女性ウケするコーディネートはこちらでお伝えしています。

※婚活パーティーにオススメのコーディネートはこちらでお伝えしています。

 

 

まとめ

今回は、婚活パーティーで成果を出すためのPDCAの考え方をお伝えしました。

ビジネスでPDCAを使われている方は多いと思いますが、婚活パーティーにも使うことで成果を出すことができます。

実際に私はこのやり方で、カップルになる事ができました。PDCAを行うと客観的に自分を見つめ直すことができるので自己成長へも繋がります。

婚活パーティーで成果を出したい方は、今回の記事を参考にしていただき、是非ともカップルになって下さい!