モテる男になるための【ファッション&仕事術】

モテる男になるためのコーディネートや仕事術、心理学などをお伝えします。

社会人が体調管理で気をつけていることは?仕事への影響を考える!

スポンサーリンク

 

f:id:hanbai832:20200326222423j:plain

 

皆さんは体調管理に何をしていますか?私は30代に入って体調不良を感じることが増えてきて、そこから自分でしっかりと体調管理をしなければと意識していろんなことに取り組んできました。

今回は、本で学んだ知識をもとに、日々取り組んでいる体調管理についてお伝えします。

 

 

食事での体調管理

f:id:hanbai832:20200326222445j:plain

生きていくうえで必要な食事ですが、私自身が忙しくて、食事を作る時間が取れていないのが現状です。

本来であればちゃんと料理をして、栄養バランスカロリーコントロールをした方がいいのですが、そこまではできておりません。あくまで今の自分に出来る範囲の中で食事において気をつけていることをお伝えします。

 

ゆっくり食べる

昔からとにかく早食いで、友達と食事に行ってもみんなが食べ終わるのを待っているのが当たり前でした。

一般的には、満腹中枢が刺激されて満腹感を感じるのは食べ始めてから15分と言われています。10分以内で食べ終えている私の食事は満腹感がなく、追加でデザートなどを頼み、結果的にカロリーオーバーで太る原因となってしまいます。

そうならないために、とにかく噛む回数を増やして食事時間を20分以上かけることを意識しています。

ゆっくりと食べることにより、副交感神経を刺激して、胃腸の消化吸収能力を高めてくれるので、早く食事を終えている人はゆっくり食べるスタイルへと変えてみて下さい。

 

小魚系は、身だけでなく小骨や内臓も一緒に摂れるので「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」が摂取できます。私がよく食べているのはセブンイレブンの「子持ち焼ししゃも」です。こちらは食塩相当量も0.6gと少なく、塩分を気にする私でも美味しくいただけます。

●セブンイレブンの商品を自宅まで届けてくれるサービスもありますので、気になる方はこちらをご覧下さい。

 

 

DHAには、血小板を固まりにくくして、血管の詰まりを防ぐ抗血栓作用があるため、動脈硬化の予防や改善効果が期待できると考えられています。DHAを多く含んだ魚は「マグロ」「ブリ」「サバ」「サンマ」などです。

私の近所のスーパーでは、20時以降になると刺身が半額になるので、そこで刺身を購入したり、サプリを飲んでDHAを摂取しています。

 

「豚肉」「鶏肉」を中心に食べています。

豚肉はビタミンB1が豊富で、スタミナをつけたい時は生姜焼き定食をがっつり食べて、疲労回復しています。

鶏肉は、タンパク質豊富で脂肪が少ないので体を絞る時は好んで食べています。

 

緑茶

緑茶には、咳や高血圧などの症状を抑える薬効があるということを聞いて、血圧を気にしている私は緑茶を飲むようになりました。

これまでは朝起きてコーヒーを飲んでいましたが、緑茶の良さを知ってからは毎朝飲んでいます。元々緑茶は、解熱や眠気覚ましに使われる漢方薬の一種といわれているので、眠たい朝でも緑茶でばっちり目が覚めます。

 

私も飲んでいる80杯分の緑茶が飲めるこちらの商品はオススメです。

 

私の知り合いで、1日2リットルの水を飲む健康法をしている人がいますが、私はそこまでできないので、朝起きた時から寝るまでになるべく水を中心に取るよう心がけています。

 

塩分

食事をする上で、塩分は一番気にするところです。1日6g未満にすることは意識していますが、ラーメンのスープを半分飲んだら5gくらいになるので、外食時の塩分量には特に注意を払い食事をしています。

 

※自炊はしないけど、バランスの取れた食事にしたいという方はこちらの記事をご覧ください。血圧を気にする私でも、安心して食べられる料理も一緒にお伝えしています。

 

リンゴ

リンゴは胃腸の働きを良くしたり、体内の塩分を排出するので高血圧にも効果があると言われています。

リンゴは食前に食べた方が栄養素を吸収しやすいそうなので食前に一個食べるようにしています。

 

梅干し

健康的な肌を維持したいなら酸味のある食事を意識した方がいいということで「梅干し」「ヨーグルト」を食べるようにしています。

 

 

休息での体調管理

f:id:hanbai832:20200326222540j:plain

脳と体を休めることは非常に大切ですが、休日に休んでいるつもりでも、ふと仕事のことを考えたり、買い物などに出かけて気分転換はできていても体の疲れはとれていないなど、皆さんも経験があるのではないでしょうか?

こちらでは、私が実際に行っている休息の方法をお伝えします。

 

気を抜く

リラックス状態を作り、目を閉じながら深呼吸します。その時は頭の中を空っぽにするイメージで、何も考えない時間を作ります。

細かいことまで考え出すと、仕事での人間関係や将来に対する不安などたくさんの悩みがありますが、何も考えず気を抜く時間というのは必ず作るようにしています。

気を抜くという行為は時間にして10分程ですが、そこで一旦リセットするという気持ちになれるので、私にとっては大切な行為です。

 

入浴

お風呂の温度が42度以上だと交感神経が刺激されてよくないと知ったので、37〜38度のぬるま湯に20分ほど入るようにしています。

この20分間を極力リラックスできるようにするため、私が使用しているのが頭皮をマッサージする器具です。

こちらは4つのブラシがそれぞれ独立した動きで回転するので、頭皮をヘッドスパされているような気持ちの良さが特徴です。

5つのモードで強弱をつけられるので、その日の疲れ具合によって変えることができます。湯船に浸かりながら、この器具で頭皮マッサージをしている時は至福の時間です。

 

睡眠

布団に入る前に軽い筋トレをすることで、寝ている間に成長ホルモンが分泌され、次の日にスッキリとした状態になれます。腕立て伏せやスクワットなどを5分程度で大丈夫です。

これまでは寝る前に携帯を見ていたので、脳が刺激されていて中々寝つけませんでしたが、軽い筋トレをしてから布団に入ることで、すぐに眠れるようになりました。

 

ストレッチ

私は自宅に帰ってもパソコンで作業することが多く、首や肩が凝りやすい状態になっています。凝ることで、頭部への血流循環を悪化させているので余計に疲れが溜まります。

そこで首を回すストレッチを取り入れるようにしました。30分に1回でも首をゆっくり回すだけで血流の流れが良くなり、頭も冴えてきます。

 

私が体調管理をするうえで参考にさせていただいた本がこちらです。

体調管理の基本から生活習慣に関することまで細かく書いてあって、とても為になります。体調管理をしようと思っている方はまずこの本を読んで知識を吸収しましょう!

 

 

運動での体調管理

f:id:hanbai832:20200326222619j:plain

仕事が忙しく、ジムに通う時間も取れない私にとって運動不足は深刻な悩みでした。ですが体調管理をする上で運動することは欠かせませんので、自分に合った運動を探して実行しています。

 

ウォーキング

休みの日で時間が取れる時はウォーキングをするようにしています。ただ闇雲にウォーキングしても面白くないので、予めGoogleマップで目的地を決めてから出発します。その目的地の途中には色んな建物やお店があるので、そこを必ず見つけてから目的地まで着くようにしています。

目指す目的地をこれまで一度も行ったことがない場所にすることで、たくさんの発見があり、楽しくウォーキングができます。

そしてウォーキングをする際に欠かせないアイテムがこちらです。

こちらは多機能スマートウォッチで「時間表示」「日付」「心拍数」「移動距離」「歩数」「カロリーの消費」「Line通知」「着信通知」「睡眠時間や品質検測」「カメラの遠隔操作」「アラーム」「携帯探し」「運動データ分析」など日々の様々な活動量の計測ができます。

しかもBluetoothでアプリと連動させることができるので、その日のデータを保存することも可能です。

自分の心拍数を見ながら、ペースの調整や距離を変えることができますので、ジョギングやウォーキングをする方には是非ともおすすめのアイテムです。

 

※ウォーキングをすることのメリットや、これからウォーキングを始める方に向けての記事はこちらでお伝えしています。

 

体幹トレーニング

ウォーキングと並行して取り組んでいるのが体幹トレーニングです。これは自宅で気軽にできるので天候が悪い時などはウォーキングをやめて、体幹トレーニングに時間を費やします。

体幹トレーニングをすることで、姿勢が良くなったり、体の動きがすばやくなったり、お腹のぽっこりがなくなったり、腰痛が軽減されたりとメリットな部分が多いです。

私は1〜2時間ほどかけてトレーニングを行いますが、初めのうちは簡単にできるものから行っていき、次第に慣れていければいいのではないでしょうか。

体幹トレーニングをする上であると便利なものがこちらです。

極厚1.5センチのマットなので、フローリングなど床が硬いところでも、膝、肩、腰を痛めないので自宅でのトレーニングには重宝します。

普段のトレーニングにはもちろんですが、突然の災害などで避難所で数日過ごすという事があるかもしれません。そのような時でも活用できるトレーニングマットです。

 

 

まとめ

今回は体調管理に必要な3つの知識をお伝えしました。

私自身が、体調管理を気にする前の生活が不摂生で健康診断の結果も良くなかったので、それを機に体調管理について真剣に考えて行動するようになりました。

実際に上記のことをやり出してから、体調不良を感じることがほとんどなくなり、体の丈夫さと比例して、精神的にも落ち着いて対応することができるようになれたのが良かったと感じている点です。

今回は私のやり方なので、全ての人に合うわけではありませんが、もし取り入れられるものがあれば参考にしていただければと思います。

 

今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。