モテる男になるための【ファッション&仕事術】

モテる男になるためのコーディネートや仕事術、心理学などをお伝えします。

火事が起きた時の正しい消火方法を学ぶ!!

スポンサーリンク

 

こんにちは!

現役店長のリュウです!

 

学校や職場などで消防訓練は行いますので、皆さんも火事に対する知識はあると思います。

実際に私の住んでいるマンションでも火事が発生して火災報知器が鳴り、慌てて外に逃げ出した経験があります。

幸いにもその時は最上階が火元で、煙に巻き込まれたりすることなく怪我人も出なかったので良かったのですが、その時の自分を振り返ると全然冷静な対応ができていませんでした。

 

その理由は、火事が起きた際に適切な判断ができなかったからです。もっと言うなら、適切な判断をできるだけの知識がなかったからです。

知らないことが多いと「どれが正しくて、どれが間違いなのか」すら分からない状態ですので、その場で冷静な対応が取れるはずもありません。

 

そこで今回は【火事が起きた時の正しい消火方法】についてお伝えします。

 

f:id:hanbai832:20190817231916j:plain

 

 

①火事が起きた時の消火方法【油なべ】

天ぷら火災では、鍋をかけたまま台所を離れた際に起こることが多いので絶対に離れないことを心掛けましょう。もし離れる際は、例え少しの時間でも必ず火を消すようにして下さい。

天ぷら火災が起こって実際に火を目の前にすると「すぐに消さなきゃ」と慌ててしまい水をかけたくなりますよね?

火を消火するには水だと考えがちですが、油との相性はよくありせん。

慌てて水をかけると、炎が拡大したり飛び跳ねたしぶきで火傷したりする恐れがありますので、水はかけないで下さい。

 

まずは消火器での消火を第一に考えましょう。

多くのマンションでは共有スペースに設置されています。すぐに使えるように消火器の位置は把握しておいて下さい。

 

油なべの炎が10センチくらいの場合は、コンロの火を止めて鍋全面を覆えるくらいのフタをします。そうすることで空気を遮断して消火することができます。

同様に、濡らしたシーツやバスタオルで空気を遮断して消火する方法もあります。

ですが、シーツで覆う際に炎で火傷することもありますので十分に気をつけて下さい。

 

 

② 火事が起きた時の消火方法【電化製品】

電化製品が元で火事になると考えたことがありますか?

身近な所に火事の原因はあります。

みなさん多いのが「コンセント」です。ずっと差しっぱなしのコンセントにはホコリがたまります。このホコリが原因で発火する恐れがあるのです。

火事になる前に予防できることがあります。コンセントのホコリを溜めないように日頃からホコリを取るクセをつけておきましょう。

コンセントから火花が出たら、まずはブレーカーを落とします。

 

電化製品が発火したかといってすぐに水をかけると感電する可能性があるので行わないで下さい。消火器での消火が一番望ましい対処法です。

 

 

③ 火事が起きた時の消火方法【衣類】

衣類に火がついた時は、水をかぶりましょう。お風呂の水が溜まっていればそのまま飛び込みこんで下さい。

もし近くに水がない時は、両手を顔で覆って地面に寝転んでください。そして横向きに何度も転がることで、火は衣類と地面に挟まれて窒息効果により沈下します。

 

 

④ 火事が起きた時の消火方法【カーテン】

カーテンに火が燃え広がったら、すぐにカーテンを引きちぎって消火しましょう。

濡れたシーツや布団などで炎を抑えてから水をかけます。

天井まで燃えてしまうと一人での消火は難しくなりますので、その時はすぐに逃げましょう。

 

 

⑤ 火事が起きた時の消火方法【初期消火】

一般的に建物内で火災が発生した場合、3分以内で天井まで火が燃え移ると言われています。

天井まで火が広がってしまうと初期消火での対応は難しくなるので自分の身の安全を第一に行動しましょう。

初期消火で確実なのが「消火器」の使用です。消防訓練でも使われますが、実際に使い方は知っていますか?

いざ火災が発生したときにはかならず動揺して冷静さを失っています。その中でも、消火器をしっかりと使えるようにしていないと初期消火は到底できません。

 

もし消火器がない場合は、濡らしたシーツやタオルを使用します。これで空気を遮断して消火にあたります。ですが、これだけでは火種が消えていないこともありますので、その後はしっかりと水をかけて完全に消火を行いましょう。

 

※関連記事

www.work-surgery.com

 

まとめ

今回は【火事が起きた時の正しい消火方法】をお伝えしました。

私自身も専門家ではないので、深いところまではお伝えできませんが、これだけのことを知っているのと知らないとでは、実際に火事が起きた時の行動に差がでるのではないでしょうか。

上記でもお伝えしたように、火災は3分以内で天井まで燃え移るので、初期の対応を迅速に行うことが如何に重要かが分かります。

 

自分の身を守ることはもちろん大切ですが、家族や恋人、友人、周囲の人々を助ける為にも知識は必要です。

この記事をきっかけに、火事への知識を増やそうと思ってくださる方がいると嬉しいです。